鼠径ヘルニアの症状|鼠径ヘルニアや側弯症における手術といった情報を提供します

【手術に役立つ】鼠径ヘルニアの気になる症状や原因を確認しましょう

原因は実に様々

鼠径ヘルニアの原因は様々にあるものです。鼠径ヘルニアを放置している事で手術を行うような必要が出てくる場合もありますから、その原因についてよく把握しておく事が大切でしょう。

鼠径ヘルニアの原因・ベスト5

no.1

生活習慣によるもの

鼠径ヘルニアが発生してしまう原因として、生活習慣が大きく関わってくることがあります。例えばお腹に多くの負担をかけてしまう事で、鼠径ヘルニアを招いてしまう事があるものなのです。運動の方法によって鼠径ヘルニアを発症してしまう事もあるでしょう。

no.2

年齢によるもの

筋肉が衰えることで、鼠径ヘルニアになってしまう事があります。そのため年齢を重ねる事で筋力が弱まり、鼠径ヘルニアのリスクが上昇してしまうと言えるでしょう。鼠径ヘルニアが自然な形で発生してしまう原因として、よく挙げられるものです。

no.3

先天性のもの

鼠径ヘルニアの原因として、先天性である場合もあるでしょう。幼児といった低い年齢で発症してしまう場合には、先天性の鼠径ヘルニアである場合が極めて高いといえるのです。

no.4

他の病気によるもの

他の病気の影響を受けて、鼠径ヘルニアが発症してしまうような事があります。例えば便秘の方、良く咳をするような方はお腹に力を入れる事が多くあるため、鼠径ヘルニアが引き起こされてしまう事が多くあるものなのです。

no.5

妊娠によるもの

女性は妊娠することによって、お腹への圧力が大きくなってしまう場合があります。そのため妊娠中の女性は、鼠径ヘルニアになってしまうリスクが高まってしまうでしょう。特に大腿に発生することが多いため、よく注意する必要があります。

鼠径ヘルニアの症状

お腹に触れる人

どんな症状が現れるのか?

鼠径ヘルニアになってしまうと、どのような症状が現れるのでしょうか。例えばお腹にグッと力を込めた際、太ももに違和感を感じる、または出来物があるといった事がないでしょうか?そのような場合、鼠径ヘルニアを疑ってみた方が良いかもしれません。初期の段階ですと、指で押し戻すことによって出来物が中に納まることもあります。

放置していると大変なことに?

病気を放置していることによって、症状がどんどん悪化してしまう事があります。症状が悪化してしまうことで出来物が大きくなってしまったり、大掛かりな手術が必要となってくることもあるでしょう。症状が進行してしまう前に、対処を行うことが大切となってくるのです。